« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月20日 (木)

雑誌「金澤」に掲載されました。

Cover46”金沢を生き、金沢を探り、金沢を楽しむコンシェルジュマガジン”「金澤」の最新号に当店が掲載されています。

特集「町家でみつけた時忘れの空間」のなかで、紹介していただきました。

「金澤」のホームページには、立ち読みというコーナーがあるのですが、そこにも大きく取り上げていただいております。ぜひご覧下さい。

■「金澤」ホームページ 

http://www.k-club.co.jp/kanazawastyle/index.html

■「金澤」立ち読みのページ 

http://www.k-club.co.jp/kanazawastyle/pageflip.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

春のかなざわ・まち博開催

Che214今日、12時より「かなざわ・まち博」講座のひとつとして、金沢老舗料亭の味ということで、当店のお料理を召し上がっていただきました。なんでも、応募が殺到し、抽選になったとのこと。ご応募いただいた皆様、本当にありがとうございました。また、申し訳ございませんでした。

桜は満開ですが、残念ながらちょっと肌寒い天候のなか、16名のお客様にお見えいただきました。
今回のまち博のテーマが、「桜」ということでしたので、少し桜にちなんだお料理をご用意させていただきました。少しでも、金沢の春を感じていただけたようであればいいのですが。

今年は、このまち博のようなイベントを通じて、もっともっと気軽に当店の暖簾をくぐっていただける機会を作っていきたいと考えております。その際には、ぜひご来店下さい。心よりお待ち申し上げております。

<はるのかなざわ・まち博 御献立>

食前酒 さくらいろのお酒

旬 羹 桜豆腐・加賀野菜春巻・花びら百合根・パプリカ蜜煮・アスパラ牛蒡八幡巻
     丸十胡麻団子・新じゃが・一寸豆絹太巻・若菜冬瓜・姫人参諸味漬け
     桜人参・インゲン豆・蓮根蒲焼・松の実刺身

刺 身 かんぱち・まぐろ・甘えび

焼 物 柳鰆柚庵焼

椀 物 甘鯛道明寺桜蒸

だったんそば

酢 物 春野菜ぬた和え

食 事 蒸し寿司

芝麻糊 黒ごまのお汁粉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

江戸時代のお菓子再現

春のまち博「近世の金沢城下のお菓子」講座に行ってきました。

講師の落雁諸江屋・諸江会長様から、たくさん興味深いお話しをいただきました。

そのうちのいくつかをご紹介。

・金沢では、4月3日がひな祭りで、たいていこの日までひな人形を飾るのですが、これは、加賀藩初代の前田利家公が3月3日に亡くなったからだそう。一ヶ月ずらしたんですね。

・お茶とお菓子は密接な関係ですが、16世紀ごろは、記録によると3種類しかでてこないそうです。1,団子 2,お餅 3,かき餅だけだったそうです。

・加賀藩には、約16000人の武士が出仕していたそうです。その武士達は、年寄家老以下、8つのランクに分けられていたのですが、料理頭(調理長ってとこでしょうか)は、5ランク目に位置づけられていたそうです。割と高い地位だと思うのですが・・・。

200604031535000 江戸時代のものを再現したお菓子

上・・・嵯峨まんじゅう 左下・・・八重結び 右下・・・小桜香

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »