« 経営コンサルタント | トップページ | 江戸時代のお菓子再現 »

2006年3月25日 (土)

カップ酒

Ginnzyoukappusinn  今日の日本経済新聞NIKKEIプラス1(別刷)に「カップ酒」に関する記事が掲載されていました。酒販店さんや、蔵元さんのご努力で、純米酒や吟醸純米といったおいしいお酒を詰めた物や、カラフルな容器・ラベルのカップの物など、個性的な銘柄も多くなり、若い方から大人気になっているようです。石川県のある蔵元さんも、昨年末はカップ酒製造で猫の手も借りたいくらい忙しいとのお話しを聞きました。

 しかし、どうにも一時的なブームになりそうな過熱感を感じずにはいられません。
 私見ですが、日本酒の最大の魅力は、料理とあわせた時の相乗効果だと思っています。いい日本酒は、一緒に合わせるお料理の味をより一層引き立てます。料理も日本酒もどっちもおいしくなるんです!!
 この魅力が伝われば、必ずや日本酒の需要は増加するでしょう。

 金沢大学の先生から、こんな話をお聞きしたことがあります。
 ゼミの飲み会などで、日本酒は嫌いだという学生に、石川の地酒を飲ませると、ほとんどの学生が日本酒を見直す、いや、日本酒ファンになってしまうそうです。

 そういった意味では、いいお酒の詰まったカップ酒を入り口に、若い日本酒ファンが増えると万々歳なのですが。ファッションに終わってしまわないことを祈らずにはいられません。

|

« 経営コンサルタント | トップページ | 江戸時代のお菓子再現 »

コメント

流行れば有る程度定着する所も有ると思うよ。
ここ数年シンガポールでは日本酒ブームってか定着した感が有ります。
俺の友達はテキーラのショットの様に呑むので「もっと味わいなさい」と言っています。

投稿: Kazz | 2006年3月26日 (日) 13時55分

Kazzさん>
いったいシンガポールではどんな銘柄が飲まれているのかに興味がありますねえ。今度、人気銘柄を教えて。

投稿: 専務 山縣秀行 | 2006年3月26日 (日) 18時45分

何気に初の書き込みですね、これからもヨロシク♪

酒は大好きですが、日本酒は後味に拘ります。
ワンカップはどうかと言うとどうしても
あの鼻にぬぅ~んと来る匂いが駄目なんですよね…
甘くても駄目で出羽桜とか駄目ですね、嫌いです。
というか吟醸酒が好きなんですわ、特に大吟醸には目が無いです。
お高いのが難ですが…(苦笑)


投稿: ポポ | 2006年4月 5日 (水) 00時05分

ポポさん>
書き込みありがとうございます。
うんうん、カップ酒は口が大きいのが僕も欠点だと思いますよ。今度、東京に石川のうまい大吟醸持って行きますので、また一緒に飲みましょ。

投稿: 専務 山縣秀行 | 2006年4月 7日 (金) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43149/1163296

この記事へのトラックバック一覧です: カップ酒:

» にゃんかっぷ 【カップ酒】 [アメリカデザイン日記 ver2.0 typeMT]
あいあい。どうもどうも。みなさまいかがお過ごしでやんすか? こちらアメリカでは、... [続きを読む]

受信: 2006年5月27日 (土) 18時30分

» 「早乙女」の平均は75歳 石川で「ぞんべら祭り」 [総合情報ニュース徒然草]
 石川県の「ぞんべら祭り」についての今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載)  石川県といえば、漆塗りや、金沢・加賀・能登など魅力的な都市があるこでで有名だが、その石川県の輪島市で「ぞんべら祭り」というものがあるという。  私はこの祭りのことは知らなかったが、なんでも豊作を祈願するための祭りなのだそうな。  ただこの祭り、本来であれば早乙女役は4歳から12歳ごろまでの女の子がその役にあたるのだが、なり手がいなかったため、今回は平均75才の女性たちがその役にあたったとのこ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 20時46分

« 経営コンサルタント | トップページ | 江戸時代のお菓子再現 »