« 大鼓修行 その一 | トップページ | 経営コンサルタント »

2006年3月19日 (日)

「袋町」復活

金沢の方以外は、タイトルを見てもなんのこっちゃ?って感じでしょうが・・・。

 金沢市は、昭和37年5月、住居表示に関する法律が施行され、327ものたくさんの由緒ある町名が消滅しました。町名(というか地名)は土地の歴史を刻んだ、貴重な歴史・文化遺産だと思うのですが、効率化ってことだけで簡単に消していってしまったようです。これは金沢に限ったことではなく、古い建物を壊してしまうのと同じで、もったいなくてやりきれない気持ちになりますね。

 金沢市は、この失った旧町名を復活することにより「単なるノスタルジアからではなく、町名の持つ意味を学び知ることによって、自分のすんでいる町と郷土に誇りと愛着を抱き、これを町づくりやコミュニティの再興にいかそう」と、積極的に推進しており、現在、7つの町名が復活をしています。

 そして、晴れて8つ目の復活が、タイトルの「袋町」です。「袋町」は、当店のとなり町なのですが、北國街道を通して合同でまちづくり協議会を結成しており、協議会役員のひとりである私にとっては、我が旧町名が復活するのと同じくらいの感慨があります。
 山出金沢市長は、ある町の復活記念式典で、「まず、自分の住んでいる町の名前に誇りを持つ。その誇りが町への愛着につながる。さらに、その愛着が住む人同士の連帯へとつらなる。この連帯が、まちをつくると考えるのであります。」と述べられたそうです。

 まさに、今、復活「袋町」は、さまざまな困難と激動のなか、住民の皆様の強いまちへの愛着が力強く後押しし、次々と新しい試みがなされようとしています。

 来年の復活の日が楽しみです。

●北國新聞の記事

http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20060308001.htm

|

« 大鼓修行 その一 | トップページ | 経営コンサルタント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43149/1092409

この記事へのトラックバック一覧です: 「袋町」復活:

« 大鼓修行 その一 | トップページ | 経営コンサルタント »