« 「袋町」復活 | トップページ | カップ酒 »

2006年3月24日 (金)

経営コンサルタント

 ある著名なコンサルタントさんが書かれた本に、アンケート兼無料で資料をプレゼントという用紙が入っていましたので、読了後感想を記入してFAXしました。すると、その2日後に封書で資料が届きました。

 会社員のとき、いろんなコンサルタントが入って、いろんなプロジェクトが実行されましたが、どれもまともに成果を生んだ記憶がないので、私は正直コンサルタントに対しては懐疑的です。もちろん、経営者や社員のやる気の問題だっていう声もあるでしょうが、それらも含めてやる気にさせ、経営改善を果たすのもコンサルタントの役目だと思うのですが。コンサルタント料こそ成果主義にすべきではないかと。

 さてさて、その後、いただいた資料に疑問点がありましたので、タダで貰っていながら申し訳ないなと思いつつ、メールで質問してみました。まあ、返事がなくてもしょうがないなと思う反面、ちょっと試してみる気持ちもありました。顧客重視を述べられているコンサルタント会社がどういう対応をされるのか。

 結果は、想像以上でした。
 土曜日にも関わらず、著者である先生(かなり著名な方です)直筆でFAXによるご回答をいただきました。恐縮して、こちらも直筆でお礼FAXを返したのですが、するとそれに対してまた直筆のお返事をいただきました。

 おそらく、先生にとっては当たり前のことなのでしょう。でも、こんな簡単な当たり前のことほどおろそかになって、できていないように思います。
 「経営」とは誰もがしっていて、誰もがやらねばならぬとおもっていて、実行できないこと。しかし、それを考え・実行するのが「経営者」である。って会社員時代に教わりました。今、「経営者」になって、改めてこの言葉が身にしみます。

 この先生によると、中小企業は、業績の98%が社長の能力で決まるとのこと。。。
 私のような凡人経営者は、勉強、勉強ですね。

|

« 「袋町」復活 | トップページ | カップ酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43149/1162229

この記事へのトラックバック一覧です: 経営コンサルタント:

« 「袋町」復活 | トップページ | カップ酒 »