« かなざわ・まち博2006 | トップページ | 天下一品 »

2006年2月19日 (日)

季節感

Photo_2 デスクのとなりに貼ってあるカレンダーには、毎日健康に関する一言メッセージが記されているのですが、今日19日の欄には、「花粉症の症状、くしゃみ・鼻水・目のかゆみ」とあります。確かに、昨日ドラッグストアに行きましたら、既に花粉症コーナーが設けられていて、マスクや、関連商品が大量陳列されていました。
 ここ近年、どんどん季節が先走りしてるように思います。
 花粉用のマスクなんかは、だいたい11~12月頃からメーカーさんは商談をしていると思います。(私が営業していたときはそうだったのですが・・・もっと早くなってるかも)
 元メーカー営業として、季節先取りを批判するつもりなんてまったくありません。

 ただ、こんなせわしない時代だからこそ、旬をもっと大事に、余裕を持って季節を感じることのできる時間が必要なんじゃないかと改めて思いました。

 当店は、毎日朝から夜閉店まで、季節ごとに模様を変えた暖簾を掲げています。
 路行く地元の方々、観光客の皆様に、少しでも旬の季節を感じていただけるよう続けていきたいと思います。

 「ずっと、街並みのいいアイストップでいたい」 壽屋三代目主人 長井正之のコトバです。

|

« かなざわ・まち博2006 | トップページ | 天下一品 »

コメント

同感!メーカーさんたちの気持ちも分かるけど、ふと気づくと旬の季節に対して消費者に提供されているものってシーズンがずれまくり。。な事がここ最近多い気が。。
仕方のない事なのかもしれないけれど、ホッと一息抜きたいとき、美味しい物を食べてる時、そんな時に"旬"を感じられるのは素敵なことだと思うし、そうであって欲しいと思います。是非そういうお店づくりを貫いてくださいね♪

投稿: みーちゃん | 2006年2月19日 (日) 17時10分

田舎生まれの田舎育ちのウチには花粉症なんてハイカラな
アレルギーは全くもって無縁だけど、皆さん大変そうよね。

旬と言えばそろそろ春野菜の季節。
ふきのとうとか天麩羅にすると旨いよね~

投稿: 洋次郎 | 2006年2月20日 (月) 01時21分

みーちゃん様>
小売業さんにとって、どこよりも早くシーズン物を売り出すのが売上増に直結するんですよ。私も営業時代は、得意先に、どこよりも早くやりましょう!なんて言ってたしね・・・。だからこそ、ふと街角で旬の季節を感じるくらいの心の余裕はいつも持っていたいですね。食べ物も旬の物を食べてると健康にとてもいいそうですし。

投稿: 専務 山縣秀行 | 2006年2月20日 (月) 17時40分

洋次郎様>
まだ花粉症デビューしてないんですね。いつくるかわかりませんよ~。私は、ごく軽めですが、2,3年前から春になると目のかゆみと鼻水が出るようになっちゃいました。
昔は、春になると山で山菜を摘んできて、その日のうちにお客様にお出ししてたそうです。今は、なかなか取れなくなってしまったようですが・・・。摘み立てはもっと美味しいんでしょうけどね。

投稿: 専務 山縣秀行 | 2006年2月20日 (月) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43149/758340

この記事へのトラックバック一覧です: 季節感:

« かなざわ・まち博2006 | トップページ | 天下一品 »