« 北國新聞夕刊に広告掲載 | トップページ | おいしゅうございます。 »

2006年2月11日 (土)

フードピア2006 食談

先日の日記にも書きましたが、昨日、ゲストに女優の浜美枝さんをお迎えして、フードピア2006~食談~を当店で開催しました。浜美枝さんのさわやかなお話しがお客様を魅了したようで、まさに「食」と「談(かたり)」の2時間半になりました。浜さん、ありがとうございました。

当店も、いつもの精進料理や会席料理では芸がないということで、女将がいろいろと研究しまして、中国式の精進料理である「普茶料理」のコースに挑戦しました。

昨日の献立は以下のような内容でした。

菜 単(御献立) フードピア金沢2006

造里    松の実・胡桃

寿免    松笠くわい・木の芽

笋羹    酢立釜大豆昆布旨煮 蓬麩酒粕挟み揚 稲荷丸十芋寿し 

      黒豆松葉刺  ピース煎餅  梅花寄せ  牛戻献珍射込

焼物擬き 加賀蓮根蒲焼

雲片    筍・人参市松白菜包み 蕪みぞれあん

韃靼そば

麻腐    胡麻豆腐巻繊    木の芽南瓜・梅大根・梅麩・椎茸・たらの芽

油茲    人参団子あられ揚 蕗のとう・そら豆・海老芋・金時草

冷拌    法蓮草・ひじき・くこの実・干柿 胡麻酢掛け

飯子    百合根飯蒸 梅肉

水果    芝麻糊(黒胡麻のお汁粉) 果物

普茶料理は、炒めや揚げに植物油や胡麻油を使うので、日本の精進料理よりおなかの満足感は高いかもしれません。日本では未発達だった油を使った調理を広めたのはこの普茶料理と言われており、日本の料理や調理法に大きな影響を与えたようです。

昨日お越し頂いたお客様には、アンケートをお願いしたのですが、その中に「胃にとてもやさしいお料理の数々、とてもおいしくいただきました」とご記入していただき、大変感激しました。

これからも、伝統の背骨は守りつつ、どんどん新しいことに挑戦していきたいと思います。

|

« 北國新聞夕刊に広告掲載 | トップページ | おいしゅうございます。 »

コメント

こんばんは!!コメントはここでいいのかな・・。
すごい献立、、名前を見ただけではまったく
どんなだろう・・?(・・*)。。oO(想像図)←こんな
状態の私です。高級だ・・。

投稿: りん | 2006年2月12日 (日) 10時20分

>りん様

コメントありがとうございます!
確かに、献立見ただけでは、どんな料理なのかまったく想像がつきませんよね。また機会があったら、画像をUpしますね。
ぜひ、一度金沢に食べに来てくださいな。

投稿: 専務 山縣秀行 | 2006年2月12日 (日) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43149/674009

この記事へのトラックバック一覧です: フードピア2006 食談:

« 北國新聞夕刊に広告掲載 | トップページ | おいしゅうございます。 »