« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

電子メール

 民主党永田議員のメール問題。
 ライブドアが家宅捜索を受けたとき、メールサーバーを押収したと言っていましたが、メールって、個々のパソコンから削除しても、サーバーには残るんですね。ですから、少しでもITに関わってるような人なら、メールにあのようなのちのち、足がつくかもしれないようなことは残さないと思います。また、闇のお金のやり取りを、銀行口座を使うことなんてないそうです。闇のお金のやり取りは、すべて現金。こんな事、政治家と闇の世界では当たり前。どうして、もっとしっかり裏を取らなかったんでしょうか。あのメールだけで走ってしまったのが不思議でなりません。
 実は、私も永田議員ではありませんが、たった3行くらいのメール一本で、私だけでなく、上司までも巻き込んでの進退問題になった経験があります。簡単便利なだけに、大きな落とし穴もあります。送り先様の事情・状況をよく考えて送るようにしなくてはなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

小唄の発表会

 今日は、松峰照佳寿先生が主宰されておられる、照佳寿会さんの小唄の発表会が当店で開かれました。会員20名の方が日頃のお稽古の成果をご披露されました。
 「小唄」というのは三味線のつまびきに合わせて歌う短い曲の歌のこと。金沢では盛んな芸事のひとつです。

 金沢人は、謡、小唄、小鼓、大鼓、笛などの一つくらいは嗜んでいてあたりまえ。ましてや、私は金沢の文化を引き継いでいかねばならない立場・・・。逃げられません・・・。音感はイマイチですが、3月から大鼓を勉強することになりました。

 果たして、私は能楽堂デビューができるのか?
 大鼓とは何ぞや?ってとこから、また後日リポートしたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

送別会

 昨日は、ウチで3年間働いてくれた若手料理人A君の送別会でした。料理人の世界は、「包丁一本サラシに巻いて」自分の目指す道に向かって修行を繰り返す厳しいもの。いつか別れの日がくるんです。聞くと、A君も自分の信じた道に向かって、東京で、もう一度厳しい修行をしたいとのこと。応援したい気持ちで一杯です。今は何もしてやれませんが。。。
 そう遠くない将来、きっと彼が店を出す日が来るでしょう。その時は、せめてなんらかの応援をしてあげられれば・・・と思っています。彼は、いい意味で頑固な男です。きっとどこかでキラリと光る名店を作り上げるに違いありません。頑張ってください・・・A君。こっちも負けてはいられません。

 私は、そう長くない会社員生活で、3回の送別会を経験しました。どの時も、苦楽を伴にしてきた先輩・後輩との別れは辛かったし、次の職場に対する不安もとても強かったものです。しかし、新しい職場で無様な仕事ぶりをして、送り出してくれた元同僚や元部署に恥をかかすわけにはいかないという思いがとても強く、それをいつもバネにしてきました。
 あまりポジティブなスタイルだとは思いませんが、今も、前職の会長、社長をはじめ、社員の皆さんに対し、私のふるまい一つで、あいつ、あの会社出身らしいけど、あの会社たいしたことないな・・・なんて思われたら申し訳が立たないって気持ちを常に持っています。ただ、同時に、自分はそれだけの応援ももらっているんだと心強くも感じています。
 送別する方もされる方も、送別会を期に、新たに刺激しあえる関係に進化すると最高なんじゃないかなんて思います。

 つい、送別ってことで、感情的な内容になってしまいました。

 とにかく、僭越だけど、A君の前途に幸あれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

防火管理者講習・・・その後

・専務日誌
今日の日記は、まずこちらをご覧になってください。

40604 じゃ~ん!さすが、加陽金府、100万石!
見てください、この素晴らしいお弁当。美味しそうでしょう。
さすが、金沢の方々は口が肥えてるんでしょうね。研修会でもこれくらいはあったり前ですよね。



と、期待していたのですが・・・・




ありませんでした。
ナッシングです。弁当でませんでした。。。さみし。。。2日間マクド食っちゃいました。。。
他の市との差額はどこへ・・・げふんげふん。

さて! 講習会ですが、意外と知らないことがあるもんです。消防法令は、数年前にありました新宿歌舞伎町のビル火災を教訓に大きく変化したそうです。それまでは、大型施設を中心に消防署は監視をしていたのですが、歌舞伎町のホントにごく小さなビルで44名もの方が亡くなったそう為、それ以来、より小さな施設においても監視を強化するようになったそうです。ただ、厳しくしたのはいいのですが、消防法令改正等の情報があまり一般的でなく、事業所の約90%が法令違反状態だそうです。
違反の多くは、火災を想定した訓練の未実施とのこと。当店では、年一回ごく小規模に訓練を実施していますが、本来は年2回、綿密な計画の上で行なわなければなりません。
この度の講習で、晴れて甲種防火管理者の免状をいただきましたが、管理者として、お客様、従業員を守るべく、きっちりと仕事をしなければなりませんね。勉強させていただきました。
Photo_1 私が、勘違いしていたことをひとつだけ。よく、マンションや高層ビルなんかに、「屋内消火栓 」ってありますよね。(左の絵のようなやつ)
これって、消防署の方が使う物だと思っていたのですが、それは間違い!
これは、そのマンションの住民なり、ビルの従業員なりが初期消火につかうものだそうです。使うのはもちろん、ふたを開けたこともないって方がほとんどだと思います。ふたの裏に使い方が書いてありますので、一度見ておかれることをおすすめします。かなりの力で放水されますので、消火器より強力です。ぜひ、覚えておかれるといいかと思います。




Photo_3おまけ 講習でいただいた、立派なバインダー
これいくらだろ・・・ぼそぼそ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月20日 (月)

天下一品

・専務日誌
今日は、出身大学の青年部会合に出席。金沢に知り合いがいない私にとって、このような人脈は貴重で、大変ありがたいものです。金沢では、東京の某K大学OBなどはかなり大きな会をされているらしいのですが、わが出身校はかなり小規模。出身者はたくさんいるはずなので、もっと輪を大きく広げていきたいものです。転勤で来た方もいい情報交換の場になるでしょうしね。
金沢郊外のとある、京都の大学生なら誰もが訪れた店の金沢店へ。懐かしい味にひさびさに再会。ちょっとコクが足りないように感じたな。。。思い出って美化されるのかな。。。

●天下一品

 京都では知らない人はいないラーメン屋。ドロっとしたスープが特徴。好きな人と嫌いな人が真っ二つに分かれる不思議なラーメンです。金沢にも1店舗ありますが、店ごとに味がまったく違うと評判です。京都北白川にある本店が飛び抜けて美味しいといわれています。全国に店舗があるようなので、一度お試しを。

公式HP 

http://www.tenkaippin.co.jp/pcindex.html

超弩級ら-めん・天下一品(愛好家のHP) 

http://www.geocities.jp/xylocopal/ten1/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

季節感

Photo_2 デスクのとなりに貼ってあるカレンダーには、毎日健康に関する一言メッセージが記されているのですが、今日19日の欄には、「花粉症の症状、くしゃみ・鼻水・目のかゆみ」とあります。確かに、昨日ドラッグストアに行きましたら、既に花粉症コーナーが設けられていて、マスクや、関連商品が大量陳列されていました。
 ここ近年、どんどん季節が先走りしてるように思います。
 花粉用のマスクなんかは、だいたい11~12月頃からメーカーさんは商談をしていると思います。(私が営業していたときはそうだったのですが・・・もっと早くなってるかも)
 元メーカー営業として、季節先取りを批判するつもりなんてまったくありません。

 ただ、こんなせわしない時代だからこそ、旬をもっと大事に、余裕を持って季節を感じることのできる時間が必要なんじゃないかと改めて思いました。

 当店は、毎日朝から夜閉店まで、季節ごとに模様を変えた暖簾を掲げています。
 路行く地元の方々、観光客の皆様に、少しでも旬の季節を感じていただけるよう続けていきたいと思います。

 「ずっと、街並みのいいアイストップでいたい」 壽屋三代目主人 長井正之のコトバです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

かなざわ・まち博2006

・専務日誌
 今日の北國新聞で報道されていたのですが、「かなざわ・まち博」が、春と秋にも開催され、金沢の四季の魅力を一層発信できるイベントになるようです。
 「かなざわ・まち博」というのは、いまここにある金沢のまちをパビリオンと見立て、市民がもっと金沢を知って、学んで、好きになってもらおうという、昨年で6回目を数えるイベントです。例年は、8月1ケ月間の開催だったのですが、今年より春と秋にも開催されることになりました。

 我が店も昨年「金沢食文化体験」というイベントをさせていただきました。ちょうど亡き先代社長(義父)と準備を進めていた矢先に、病に倒れ、私が初めて仕切って行なったイベントでしたので、思い入れもひとしおなのです。

 2006年のスローガンは、「まちに招き、ともに歩き、まちを語ろう。」とのこと。

 昨年は、まだ金沢に来て日が浅いこともあり、まだまだ「お客様」感覚でしたが、今年は、少しは金沢を語れるようになってき・・・た、かな?(金沢検定初級68点ですが・・・)微力ながら、身近な人を金沢に招き、歩き、魅力を語っていきたいと思います。

 実は、とてもありがたいことに、2006年も早速「春のまち博」に参加させていただけることになりました。「桜」をテーマにした魅力的なお料理でお迎えする企画です。フライングしたら怒られるかもしれませんので、新聞紙上等で具体的に公開されたら、HPでも詳細をご連絡したいと思います。

 金沢市民にも、金沢市民でない方にも、ぜひこの機会を通して、もっと金沢の隠れた魅力を知っていただきたいです。私も勉強させていただきたいと思います。

●かなざわ・まち博2005 当店での様子
http://www.machihaku.com/2005-play-01.html#01

●まち博とは(昨年の概要です)
http://www.machihaku.com/intro.html

●北國新聞の記事
http://www.hokkoku.co.jp/_today/H20060216003.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

金沢の名店 その1

金沢の兄と私が勝手に慕っている某社社長様主催の私的会合にお招きいただく。
とても素敵なお店だったので、ご紹介。

●食・酒 尾鷲(おわせ)

http://r.gnavi.co.jp/r022100/

 海の幸を中心に、店主さん自ら、とても丁寧なお仕事で、素材そのものの旨みがしっかり残る調理をされておられます。ポン酢やドレッシングも手作りで、絶品。お値段も良心的だと思います。ぜひ予約しておかれることをおすすめします。店主さんがとても楽しい方で、愉快なひとときが過ごせること間違いなしです。

その後、3次会!で連れて行っていただいたお店がこちら。こちらもとても素敵なバーです。

●漱流(そうりゅう)

http://r.gnavi.co.jp/Mg/28/3014728.html

 お酒はもちろんのこと、マスター手作りのお料理も絶品です。落ち着いた雰囲気で、個室も1室あるようですので、使い方はあなた次第?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

おいしゅうございます。

朝日新聞のウェブサイト「asahi.com」に、岸朝子の気になるお取り寄せ12ケ月というコーナーがあります。岸朝子さんといえば、某料理番組で、決めぜりふ「おいしゅうございます。」で有名な、料理記者さん。

今月は、「萬歳楽 菊のしずく」という石川の地酒をご紹介されているのですが、これに関連して、先日より私も紹介させていただいているフードピアのことを岸さんがお書きになっています。

なるほど、おいらの稚拙な文章とは違って、上手に紹介してはるなあ、などと思いつつ読んでいますと・・・なんと!

こ、こんな一文が・・・「 各界の著名人を招き、話を聞きながら食事や酒を楽しむもので、「つる幸」や「壽屋」など、わたくしも大好きな、金沢の味の店で行なわれます。」

ええっ!

つる幸さんと、同列でウチの名前を!

(つる幸さんは、金沢で1番の料理屋さんです、はい。)

岸さんには何度かお見えいただいているのですが、ありがたいことです。

つる幸さんに負けないよう頑張らなくてはなりませんね。

asahi.com 岸朝子の気になるお取り寄せ

http://www.asahi.com/shopping/food/kishi/TKY200602060120.html

つる幸さん

http://r.gnavi.co.jp/turukou/

小堀酒造「萬歳楽ウェブサイト」(私は、口吉川がおすすめ!)

http://www.manzairaku.co.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

フードピア2006 食談

先日の日記にも書きましたが、昨日、ゲストに女優の浜美枝さんをお迎えして、フードピア2006~食談~を当店で開催しました。浜美枝さんのさわやかなお話しがお客様を魅了したようで、まさに「食」と「談(かたり)」の2時間半になりました。浜さん、ありがとうございました。

当店も、いつもの精進料理や会席料理では芸がないということで、女将がいろいろと研究しまして、中国式の精進料理である「普茶料理」のコースに挑戦しました。

昨日の献立は以下のような内容でした。

菜 単(御献立) フードピア金沢2006

造里    松の実・胡桃

寿免    松笠くわい・木の芽

笋羹    酢立釜大豆昆布旨煮 蓬麩酒粕挟み揚 稲荷丸十芋寿し 

      黒豆松葉刺  ピース煎餅  梅花寄せ  牛戻献珍射込

焼物擬き 加賀蓮根蒲焼

雲片    筍・人参市松白菜包み 蕪みぞれあん

韃靼そば

麻腐    胡麻豆腐巻繊    木の芽南瓜・梅大根・梅麩・椎茸・たらの芽

油茲    人参団子あられ揚 蕗のとう・そら豆・海老芋・金時草

冷拌    法蓮草・ひじき・くこの実・干柿 胡麻酢掛け

飯子    百合根飯蒸 梅肉

水果    芝麻糊(黒胡麻のお汁粉) 果物

普茶料理は、炒めや揚げに植物油や胡麻油を使うので、日本の精進料理よりおなかの満足感は高いかもしれません。日本では未発達だった油を使った調理を広めたのはこの普茶料理と言われており、日本の料理や調理法に大きな影響を与えたようです。

昨日お越し頂いたお客様には、アンケートをお願いしたのですが、その中に「胃にとてもやさしいお料理の数々、とてもおいしくいただきました」とご記入していただき、大変感激しました。

これからも、伝統の背骨は守りつつ、どんどん新しいことに挑戦していきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

北國新聞夕刊に広告掲載

Photo_1 今日の北國新聞夕刊8面(最終面)に当店の広告が掲載されています。

北國新聞を購読されている皆様、ぜひご覧下さいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

浅の川園遊会

・専務日誌20
 今日は、「金沢・浅の川園遊会20回記念を祝う会」に出席させていただきました。「浅の川園遊会」というのは、浅野川を舞台に、金沢に春を呼ぶお祭りです。金沢で、最も充実した内容のイベントだと思います。当店も、ずっと協賛させていただいていた関係で、この会にお呼びいただいたのですが、まあ、びっくり。300名以上の人、人、人。いかに、たくさんの人に支持され、20年間クオリティの高いお祭りを開催されてきたかを実感。
 今日の会自体も大変盛大なもので、写真にあるように金沢3廓からよりすぐりの名妓24名の唄におどり。こちらに来てから、何度かは芸妓さんのおどりを拝見する機会はあったのですが、いや、24名は壮観。感動しました。
 名妓達にも感動したのですが、この園遊会の生い立ちについてお話しを伺ったとき、同じくらい胸が熱くなりました。というのは、今でこそ一大イベントの園遊会ですが、最初は、4人の青年経営者が集まって、真剣にまちづくりを考え、「祭り」をキーワードに始めたものだそうです。最初は困難の連続であったようですが、少しづつ支援の輪を広げ、今では、石川県や金沢市も全面バックアップ。「園遊会ツアー」なるものが東名阪で販売されるくらいの大イベントとなりました。春の観光客誘致にも大きな影響を与えていると思います。
 昨日、我がまちについてお話ししました。さて、自分も園遊会の4人の青年経営者のようにリーダーシップ、企画力、実行力をもって取り組むことができるのだろうか、そんなに猶予はないよな・・・などと考えさせられた会でした。

浅の川園遊会(昨年のものです) http://www.kanazawa1.com/enyuukai/index.html

※園遊会については、個人の方が臨場感ある画像をUpされていますので、興味を持たれたかたは、ぜひ検索してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

変化をおこそう。

・専務日誌
 今日は、昼から近隣のまちづくり協議会の会議に出席。ダイエー金沢店の閉店など、大きな変化のなかで、いかに個性あるまち、通りにしていくか。難しい課題ではありますが、出席者の皆様が、現状にあきらめる、流される事なく、真剣にまちの将来を考え、変わらなければいけないと思っておられるところに明るい希望を感じます。って、傍観者のようなことを言っていてはいけないのですが。観光で来られた方が、そぞろ歩きを楽しめる通りになるようにしていきたいですね。10年後の新幹線開通時には、昼夜問わず、観光客が行き来するまちになるのが目標です。

 その後、東山の着物屋さんから、仲居さんの着物について、ご提案をいただく。仲居さんの着物も、おもてなしの一つだと考えると、お客様がさりげなく季節を感じることができるような柄にしたい。もっというと、仲居さんそれぞれに合った柄のものを着せたいなと。
 つい、なんでもコスト面や、店側の視点から考えてしまうのですが、お客様は、どう思われるのか、喜んでいただくには・・・優先順位を間違えてしまいがちで日々反省です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

防火管理者講習

・専務日誌

ウチの建物には、甲種防火管理者をおかなければならないってことで、講習会の申し込みをするため、駅西消防署へ。

なんでも、大人気?講習なので、申し込み開始日の早朝に受付をすまさないと、即定員締め切りになってしまうとか。まさか、そんなことはないやろ・・・昼からでも・・・と思いつつも、講習を受けられず、管理者不在で営業停止になって、社員を路頭に迷わせてはいけない!という使命感にかられて、朝8:00に行ってきました。

結果、受付番号51番。すご・・・もっと早い人が多数いらっしゃったわけで。

ところで、この甲種防火管理者講習、どんな内容なんだろと思って、グーグルで検索してみました。金沢市だけでなく、もちろん全国で開催されてるようなのですが、なぜか、受講料が市によって違う。。。金沢市5000円、某A市3000円、某B市3500円。

うん、きっと金沢市は、りっぱなお弁当が出るに違いない。きっと。

講習会は、21日、22日の2日間終日です。楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

雪の金沢

金沢は、朝から雪模様。12月中頃の大雪以来の積雪になりそうです。

北陸は、昔は「裏日本」とよばれて、特に冬場は訪れる観光客もなく、観光産業や、小売業の方々は相当ご苦労されたそうです。

そこで、先人の先輩達は、冬をマイナスにとらえるのではなく、いっその冬の魅力を存分にアピールしようと考え出したのが、冬の金沢ではすっかり定番になっている、「フードピア金沢」というイベントです。

ようは、食材の最も豊富な冬に、石川の食文化とそれを育てた風土を満喫しよう!という趣旨で、冬の観光客誘致に大きな効果があったようです。

今日も、雪のなか、比較的たくさんの観光客の方が、町を歩いていらっしゃいました。しかし、「フードピア」も石川県以外の方は、あまりご存じないでしょうし、能登を含めた、冬の石川の魅力をもっともっとアピールしていきたいものです。

当店も、フードピア2006「食談」に参加します。

今年のゲストは、女優の浜美枝さんです。

http://www.nsknet.or.jp/heartkcb/food/index_01.htm

(事務局に若干のチケットがあります。ぜひ、お越し下さい。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 3日 (金)

ラジオCMやります!

10日から28日までの間、地元AM局MROラジオにて、壽屋のCMを放送することが決定しました!MROラジオを普段聴いている方なら、必ずウチのCMを耳にするくらいの量を投入することができました。

 CM素材も、一部はオーソドックスなナレーションものですが、大半は、相当インパクトのある内容になっております。放送終了後、お許しがでれば、ホームページにでもUpして、皆様にもお聞きいただけるようにしたいと思います。

 石川県全域と、福井県・富山県の一部で聞くことができます。

MROラジオ(北陸放送) 1107kHz http://www.mro.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

日本経済の先行きは明るい?

Photo

・専務日誌
今日は、お世話になっているシンクタンク主催のセミナーに出席させていただいた。
野村證券さんの投資情報部長を迎えて「今年の投資展望」がテーマ。
結論からいうと、とてもわかりやすく、興味深い内容でした。また、時間ぴったり1時間半で納めて、聞く者をまったく飽きさせない抜群のテンポのプレゼン。久しぶりに素晴らしいプレゼンを聞きました。内容としては、日本経済を停滞させてきた、3つの過剰「負債・設備投資・雇用」が解消され、昨年後半から、特に設備投資が増加傾向、雇用の正社員が増加傾向にあり、中・長期的に見て、日本経済のグッドサイクルが回りつつあるということだそうです。ただ、あくまで日本全体の指標からの見立てですし、北陸・金沢では、景気回復を実感するには、まだ少し時間がかかりそうです。

講演後、松魚亭さんにて懇親会。
お吸い物に鬼の顔をした麩が入っていました。こんな麩もあるんですね。
季節を感じられてなかなか面白いなと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

ホームページリニューアル

昨日の日記にもありますが、本日から、新デザインのホームページをアップしました。
デザインも、情報の閲覧しやすさ、画像の美しさなども、かなり高品質な仕上がりになったと思うのですが、いかがでしょうか?忌憚ないご意見を頂戴できますと幸いです。

このホームページ、いろいろと私のこだわりがあるのですが、デザイナーS氏と最初に共有したのは、「料理の細かい部分まで見ていただけるようする。」という事でした。

料理屋さんに来る理由・・・それはお食事に来られるわけで。じゃあ、一番しっかりと伝えなければならない情報は、お料理そのものだろうと考えたのです。一度、御献立のページを見てみてください。お料理の画像は、画面いっぱいの拡大画像が用意されています。手抜きして作られたものでしたら、まず、あの大きな画像では、ごまかしがきかないでしょう。当店が、拡大画像に耐えられるだけのしっかりとしたものを作っているということを見ていただきたいと同時に、当店自身も、日々きちんとしたものを作りつづけることへのプレッシャーでもあります。

当店は、これからも正直に拵えたものを、正直にお伝えし、正直にお届けしていきたいと考えております。どうぞ、今後ともご支援賜りますよう、お願い申し上げます。

・専務日誌
今日は、某シンクタンクの営業E氏と打ち合わせ。
当店において、4月に春を存分に感じていただく企画を相談。
近日中に詳細がご報告できると思いますので、乞うご期待です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »